Emergency & Critical Care NEWS
救急・集中治療医学
2014年4月 VERSION  MEIDAI 救急科 新しい5名のメンバー

2014年10月入局 募集中・・随時 見学募集中・・
診療 教育 学術 3つが揃っていることが大切です。
医局とは できることを伝承し できないことを改善・開発する場所です。

多くの関連病院出張で 多くの救急診療パターンを学べます。

新しい5名のメンバーが医局に加わり,この4月よりさらに救急科を充実させます。
医局制度は,実力養成に最高です。

今月も,どうぞよろしくお願いします。 教授 松田直之

北海道の救急医療立ち上げに貢献した二名 聖霊三方原DRヘリ 救急科指導医 早川達也先生
MEIDAIの急性期管理医学が,より一層に「学術化」,そして「教育化」してきました。

***********************************************************
御報告 2014/3/1 救急科設立 & 開始
***********************************************************
新年度,あけましておめでとうございます。2014年3月1日より,名古屋大学医学部附属病院に救急科専門医の指導による救急科の診療が開始されました。新年度からは,さらにメンバーの力量を重質させ,救急・集中治療における「診療」,「教育」,「研究」を活性化します。救急科は,院内外の緊急性管理を専門とする診療科であり,救急医学教育および集中治療医学教育の中心として,名古屋大学医学部における教育,さらに急性期看護教育にも貢献し,この東海地域だけではなく,今後,世界的の急性期医学の学術発展に貢献するでしょう。急性期管理医学を体系立てて学ぶことができ,質の高い安心な救急医療を展開できる主体的な場として,患者さんの急性変化にタイムリーで適切な治療を提供します。さまざまな診療科の急性期治療,救急科独自の専門診療,さらに急性期医学教育を先進させて頂きます。MEIDAI救急科の学術的救急医療により,「診療」,「教育」,「研究」の3つの柱が成熟し,東海の救急医療の質が極めて高まることでしょう。東海地方のために,MEIDAIのために,救急医療を教育できる場ができました。

4/10 MEIDAI救急科 クリーンハンドキャンペーン企画

***********************************************************
断らない救急医療 中東遠総合医療センター
***********************************************************

 中東遠総合医療センター救急科では,断らない救急医療を展開しています。2014年度から救急科長として,松島 暁先生に赴任していただきました。MEIDAI救急・集中治療の医局は,近隣の救命救急センターにおける救急科専門医育成と施設共同運営の一貫として,特に,多発外傷診療および全身性炎症管理を充実させるべく,医局員を派遣しています。大学と連携病院との協力体制で,急性期医療の多角的実力を蓄え,救急科専門医・集中治療専門医としての将来像を豊かにすることができます。是非,名古屋大学医学部の卒業生は,東海の将来に向けて,各学年3名~5名,当医局へ入局して下さい。急性期全身管理と急性期病態学の創薬と発展に向けて。研修医任せの救急医療システムを変革し,救急科専門医を1人でも多く育成する必要があります。救急医療を,研修医に教えることのできる救急科専門医の育成が東海な日本に不可欠です。これは外傷診療レベルを越えているべきものです。 教授 松田直之

中東遠医療センター救急科 クリーンハンドキャンペーン企画中
***********************************************************
減災研究連携センター 減災館 活動開始
***********************************************************

***************************************************************
ALBIOS STUDY 研究結果概要報告
***************************************************************


敗血症診療における適切なアルブミン使用


**********************************************************************
2/27〜 第41回日本集中治療医学会学術集会・総会
**********************************************************************

第41回日本集中治療医学会学術集会が,2014年2月27日より3日間,京都国際会議場で開催されました。MEIDAI救急・集中治療医学分野からも,26演題が発表されました。当医局からは,教授 松田直之が,日本集中治療医学会の理事に選出され,日本の集中治療をより高く牽引する若手教授としての貢献が期待されます。国際連携を含めた多くの課題が討議されました,当教室は,今後も,急性期管理の質を求めた専門性を院内外に伝授させて頂きます。リンク LinkIconクリック プログラムLinkIconクリック

********************************************************************
開催 第6回名古屋セプシスフォーラム 4/19(土)
********************************************************************
140123_1241985_第6回名古屋セプシスフォーラム.pdf

対象:研修医の皆さん・医学生の皆さん・コメディカルの皆さん・いろいろな領域の専門医の皆さん

いよいよ セプシスフォーラム in NAGOYAの4年目 京都セプシスフォーラム時代を含めれば7年目 敗血症救命理論は既に確立できています。2014 World Sepsis Dayキャンペーン,Global Sepsis Alliance (GSA)と連動して,NAGOYA主催の一貫として
本フォーラムを開催します。現在の敗血症管理の進展を,管理バンドル提唱と論議,抗菌薬適正使用と薬剤耐性菌に対する注意ポイント,血液浄化法の導入ポイントの3つのパートから今回もフロアを動員した積極的な討議を行い,夢の伝承,笑顔の伝承,病態生理学から次世代診療を考えるチーム医療を高めます。さまざまな診療専門科のDR,そして看護師さん,また,医学生さん,遠慮なく御参加下さい。本年の9.13 世界敗血症DAYに備えます。日本が世界を越えるとき,世界は発展します。学術を,きちんと発信できる皆さんが育たなければいけません。皆さんどうぞ,遠慮なく,4/19(土)マリオットアソシアホテル16Fにお越しください。 教授 松田直之


2014年前期 救急・集中治療 熟論 日程 週2回の論文抄読会

4月8日(火)東 倫子先生 栄養 Greet Van den Berghe
Casaer MP, Van den Berghe G. Nutrition in the acute phase of critical illness. N Engl J Med. 2014 Mar 27;370(13):1227-36.

4月15日(火)東 倫子先生 輸液 Albios Study
Caironi et al. Albumin Replacement in Patients with Severe Sepsis or Septic Shock. N Engl J Med 2014 April10;370:1412-1421.

4月18日(金)敗血症研究の展望 
Opal SM, Dellinger RP, Vincent JL, Masur H, Angus DC.
The Next Generation of Sepsis Clinical Trial Designs: What Is Next After the Demise of Recombinant Human Activated Protein C? Crit Care Med. 2014 Apr 8.

4月22日(火)高谷悠大先生 敗血症 ヒストンについて
Allam R, Kumar SV, Darisipudi MN, Anders HJ. Extracellular histones in tissue injury and inflammation. J Mol Med (Berl). 2014 Apr 6

4月25日(金)敗血症 ANZICS治療成績
Kaukonen KM, Bailey M, Suzuki S, Pilcher D, Bellomo R. Mortality related to severe sepsis and septic shock among critically ill patients in Australia and New Zealand, 2000-2012. JAMA. 2014 Apr 2;311(13):1308-16.

6月3日(火) ICU医局会
6月6日(金) 中枢・末梢神経(発熱について)日下琢雅先生
Hasday JD, Thompson C, Singh IS. Fever, immunity, and molecular adaptations.

6月10日(火)ARDS  APRVについて
Emr B, Gatto LA, Roy S, Satalin J, Ghosh A, Snyder K, Andrews P, Habashi N, Marx W, Ge L, Wang G, Dean DA, Vodovotz Y, Nieman G. Airway pressure release ventilation prevents ventilator-induced lung injury in normal lungs. JAMA Surg. 2013 Nov;148(11):1005-12.

6月13日(金)ARDS 腹臥位
Tonelli AR, Zein J, Adams J, Ioannidis JP. Effects of interventions on survival in acute respiratory distress syndrome: an umbrella review of 159 published randomized trials and 29 meta-analyses. Intensive Care Med. 2014 Mar 26.

6月17日(火)心停止後低体温療法
Voicu S, Deye N, Malissin I, Vigué B, Brun PY, Haik W, Champion S, Megarbane B, Sideris G, Mebazaa A, Carli P, Manivet P, Baud FJ.
Influence of α-Stat and pH-Stat Blood Gas Management Strategies on Cerebral Blood Flow and Oxygenation in Patients Treated With Therapeutic Hypothermia After Out-of-Hospital Cardiac Arrest: A Crossover Study. Crit Care Med. 2014 Apr 8.

6月20日(金)外傷管理1 ショックインデックス
Pandit V, Rhee P, Hashmi A, Kulvatunyou N, Tang A, Khalil M, O'Keeffe T, Green D, Friese RS, Joseph B. Shock index predicts mortality in geriatric trauma patients: An analysis of the National Trauma Data Bank. J Trauma Acute Care Surg. 2014 Apr;76(4):1111-5.

6月24日(火)外傷管理2 外傷性多臓器不全管理データ
Fröhlich M, Lefering R, Probst C, Paffrath T, Schneider MM, Maegele M, Sakka SG, Bouillon B, Wafaisade A; Committee on Emergency Medicine, Intensive Care and Trauma Management of the German Trauma Society (Sektion NIS). Epidemiology and risk factors of multiple-organ failure after multiple trauma: An analysis of 31,154 patients from the Trauma Register DGU. J Trauma Acute Care Surg. 2014 Apr;76(4):921-8.

6月27日(金)凝固・線溶
Hunt BJ. Bleeding and coagulopathies in critical care. N Engl J Med. 2014 Feb 27;370(9):847-59

8月1日(金) 重症感染症 アシネトバクターに対する理解を深める
Munoz-Price LS, Weinstein RA. Acinetobacter infection. N Engl J Med. 2008 Mar 20;358(12):1271-81.

8月8日(金) 小児集中治療①(小児の心肺停止,敗血症,腫瘍等)
沼口 敦先生に論文紹介を依頼

8月12日(火) 小児集中治療②(小児の鎮静・鎮痛)
Kudchadkar SR, Yaster M, Punjabi NM. Sedation, Sleep Promotion, and Delirium Screening Practices in the Care of Mechanically Ventilated Children: A Wake-Up Call for the Pediatric Critical Care Community. Crit Care Med. 2014 Apr 8

8月19日(火)循環・輸液(カテコラミン)3つの資料を解説
β-受容体刺激 松田直之
Fu Q, Kim S, Soto D, De Arcangelis V, Dipilato L, Liu S, Xu B, Zhang J, Shi Q, Xiang YK. A long-lasting β1 adrenergic receptor stimulation of cAMP/PKA signals in cardiac myocytes. J Biol Chem. 2014 Apr 8.

8月22日(金)循環・輸液(たこつぼ型心筋症)
たこつぼ型心筋症
Meta-Analysis of Clinical Correlates of Acute Mortality in Takotsubo Cardiomyopathy.
Singh K, Carson K, Shah R, Sawhney G, Singh B, Parsaik A, Gilutz H, Usmani Z, Horowitz J. Am J Cardiol. 2014 Apr 15;113(8):1420-1428.

8月25日(火)肝不全の管理
Bernal W, Wendon J. Acute liver failure. N Engl J Med. 2013 Dec 26;369(26):2525-34.

8月29日(金)集中治療領域の栄養管理 expert opinion
Singer P, Hiesmayr M, Biolo G, Felbinger TW, Berger MM, Goeters C, Kondrup J, Wunder C, Pichard C. Pragmatic approach to nutrition in the ICU: Expert opinion regarding which calorie protein target. Clin Nutr. 2014 Apr;33(2):246-51.

日時 火曜・金曜(選択)
資料作成・ハンドアウト作成
7:05〜7:15(〜20) 論文紹介。
7:15(〜20)〜7:25 論文に関連する分野のミニレクチャー,関連論文紹介。
7:25−7:35 質疑応答。

2014年 NEWS

各トップページから各月のNEWSへアクセス

2014年3月.tiff2014年3月.tiff
2014年3月
トップページ

c.tiffc.tiff
2014年2月
トップページ

2014年1月HP.tiff2014年1月HP.tiff
2014年1月
トップページ

a.tiffa.tiff
2013年12月
トップページ

d.tiffd.tiff
2013年11月
日本救急医学会地方会
トップページ

the-clarus-l2-multi-function-hydrogenclarus-l2-peroxide-vapour-hpv-generator-96425_1b.jpg
2013年10月
感染完全制御
トップページ

ああ.tiff
2013年9月
World Sepsis Day
トップページ

DSC02779.JPG
2013年8月まで
MEIDAI ER/EMICU
トップページ

ページトップへ
Copyright 2011.1.1. NAGOYA Emergency & Critical Care Medicine. All Rights Reserved.






センター連携教育体制























告知 
2014年4月のセミナー
皆さんお越し下さい。

4月19日(土)15:00〜
名古屋マリオットホテル
140123_1241985_第6回名古屋セプシスフォーラム.pdf

対象:医師・看護師
研修医の皆さん
理学療法士さん

全身性炎症管理バンドルの
基本的な解説を行います。

教授 松田直之


DSC00666.JPG

DSC00665.JPG

DSC06921.JPG

DSC09857.JPG