Emergency & CCM NEWS
救急・集中治療医学
2014年3月 VERSION  MEIDAI 救急科 開設 「教育帰着」と「臨床回帰」

2014年10月入局 募集中・・随時 見学募集中・・できることを伝承する できないことを改善&開発する

2014年3月1日より,MEIDAI病院に,救急科が開設されました。
 当教室は 急性期医療を診療・教育・研究として極めるための教室です。「診療」「教育」「研究」の統合において,物真似を越えた「真」と「誠」を構築するための教室です。2014年は,7月20日に入局説明会を予定しております。
 まず,急性期臨床が「極めて」できる,そして患者さんとの共感を急性期に達成できる,そのための救急・集中治療の力量と豊かさを皆で確立し,その上で,急性期学術の深淵を支える教室となることを目標し,現在も急性期管理の教育システムを拡充しています。
 日常におぼれることなく,自身に切磋琢磨し,国内学会/論文発表/国際学会/国際留学/将来計画として多彩な将来を設計し,大学病院でこれほどまでに救急医療,そして集中治療医学が重要であったのかと理解して頂けるような15年後を築きます。現在は,極めて高い診療成績のEMICU,さらに救急科設立により救急診療の教育の基盤が形成され,急性期管理医療教育を実践をもって展開できるMEIDAIになったと思います。皆が 世界に向けて新規を発信することを目標とします。 教授 松田直之

*************************************************************
早くも3月 卒業おめでとうございます
*************************************************************

***********************************************************
2014/3/1 救急科設立 & 開始
***********************************************************
救急科を知らない・経験したことのない先生や看護師さんが,未だに多く存在する状況をMEIDAIにおいてまず変革する必要がありました。2014年3月1日より,いよいよ名古屋大学医学部附属病院で救急科専門医の指導による救急科の診療が開始されました。救急科は,院内外の緊急性管理を専門とする診療科であり,救急医学教育および集中治療医学教育の中心として,名古屋大学医学部における教育,名古屋大学における急性期看護教育にも貢献し,この東海地域だけではなく,今後,世界的な規模として急性期医学の学術発展に貢献するでしょう。急性期管理医学を体系立てて学ぶことができ,質の高い安心な救急医療を展開できる主体的な場を設立し,患者さんの急性変化にタイムリーに適切な治療を提案します。もたもたした診断を越えて,治療最先端の急性期病態バンドルを提唱します。さまざまな診療科の急性期治療,救急科独自の専門診療,さらに急性期医学教育を先進させて頂きます。MEIDAIの学術的救急医療により,「診療」・「学術研究」・「教育」の3つの柱が成熟し,東海の救急医療の質が極めて高まると考えています。救急医療を教育できる場を作ることが,東海地方のために,MEIDAIにこそ大切だったと考えています。

「ばんぺいゆ」がやってきた2/28 京都 ICU学会 クリーンハンドキャンペーン企画中

***********************************************************
断らない救急医療 中東遠総合医療センター
***********************************************************
 中東遠総合医療センター救急科では,断らない救急医療を展開しています。大学医局は,近隣の救命救急センターに救急科専門医を育成する方針と施設共同運営の一貫として,特に,多発外傷診療および全身性炎症管理を充実させるべく,医局員を派遣しています。大学と連携病院との協力体制で,急性期医療の多角的実力を蓄え,発揮することができます。名古屋大学医学部の卒業生は,東海の将来に向けて,是非,各学年3名~5名,当医局へ入局して下さい。急性期全身管理と急性期病態学の創薬と発展に向けて。研修医任せの救急医療システムを変革し,救急科専門医を1人でも多く育成する必要があります。救急医療を,研修医に教えることのできる救急科専門医の育成が東海な日本に不可欠です。これは外傷診療レベルを越えているべきものです。 教授 松田直之

中東遠医療センター救急科 クリーンハンドキャンペーン企画中

*******************************************************
名古屋バイタルサインセミナー 2014
共催 日本光電(株)
*******************************************************
よい講師により 最先端は 切り開かれます瀬尾先生畠山先生西田先生江木先生

370名の皆さんの御聴講を頂きました。これからの
急性期管理の基本を整理できる機会となりました。

聴講されている皆さんの熱気が
会場にあふれるようであり
必要な管理の基盤を皆で確立できました。
講演は,できるものから聴くのが最善です。

急性期医療革命の基盤構成の第1歩となりました。

教授 松田直之

***************************************************************
ALBIOS STUDY 研究結果概要報告
***************************************************************


敗血症診療における適切なアルブミン使用

**********************************************************************
2/27〜 第41回日本集中治療医学会学術集会・総会
**********************************************************************

第41回日本集中治療医学会学術集会が,2014年2月27日より3日間,京都国際会議場で開催されました。MEIDAI救急・集中治療医学分野からも,26演題が発表されました。当医局からは,教授 松田直之が,日本集中治療医学会の理事に選出され,日本の集中治療をより高く牽引する若手教授としての貢献が期待されます。国際連携を含めた多くの課題が討議されました,当教室は,今後も,急性期管理の質を求めた専門性を院内外に伝授させて頂きます。リンク LinkIconクリック プログラムLinkIconクリック

**********************************************************************
Global Sepsis Alliance クリーンハンドキャンペーン
**********************************************************************

第41回日本集中治療医学会(京都)では,Global Sepsis Alliance 委員会が「クリーンハンドキャンペーン」を開催します。日本集中治療医学会学術集会(京都)では,GSAブースを設置しますので,ご注目下さい。

Eventposter_VIEW.pdf

World Sepsis Day 2013/9/13 世界ポスター

********************************************************************
開催 第6回名古屋セプシスフォーラム 4/19(土)
********************************************************************
140123_1241985_第6回名古屋セプシスフォーラム.pdf

対象:研修医の皆さん・医学生の皆さん・コメディカルの皆さん・いろいろな領域の専門医の皆さん

いよいよ 4年目 敗血症救命を確立したいと考えています。世界の業績を,待っている場合ではない。2014 World Sepsis Dayキャンペーン,Global Sepsis Alliance (GSA)の名古屋主催の一貫として,GSA世界連携として本フォーラムを開催します。現在の敗血症管理の進展を,管理バンドル提唱と論議,抗菌薬適正使用,血液浄化法の導入の3ポイントから今回は討議を行い,夢の伝承,笑顔の伝承,病態生理学から次世代を考える基盤とチーム医療を深めます。さまざまな診療専門科のDR,そしてNS,また,医学生さん,遠慮なく御参加下さい。9.13 世界敗血症DAYに備えます。世界を越えるとき,世界が発展します。有る致命的瞬間の10秒の言葉の発信を,患者さんに蓄えるために,MEIDAI救急・ICUは頑張ります。技術の物真似ではいけません。こういう学術を,きちんと発信できる先生が育たないといけません。 教授 松田直之

2014年 NEWS

各トップページから各月のNEWSへアクセス

c.tiffc.tiff
2014年2月
トップページ

2014年1月HP.tiff2014年1月HP.tiff
2014年1月
トップページ

a.tiffa.tiff
2013年12月
トップページ

d.tiffd.tiff
2013年11月
日本救急医学会地方会
トップページ

the-clarus-l2-multi-function-hydrogenclarus-l2-peroxide-vapour-hpv-generator-96425_1b.jpg
2013年10月
感染完全制御
トップページ

ああ.tiff
2013年9月
World Sepsis Day
トップページ

DSC02779.JPG
2013年8月まで
MEIDAI ER/EMICU
トップページ

ページトップへ
Copyright 2011.1.1. NAGOYA Emergency & Critical Care Medicine. All Rights Reserved.






センター連携教育体制























告知 
2014年3月のセミナー
皆さんお越し下さい。

2014.03.15急性期管理血漿分画フォーラム.pdf

3月15日(土)
医師/看護師向け 
急性期 血液/凝固 の理解

名古屋バイタルサインセミナー 20140321.pdf名古屋バイタルサインセミナー 20140321.pdf

3月21日(祝・金)
研修医/看護師/MEさん
コメディカル向け 
優しい内容/充実した講師陣
モニタリングの基本を学ぶ