*****************************************
研究モチーフ Research Motif
*****************************************
 急性期医療に共通するテーマは,全身性炎症の緩和と臓器再生の促進です。このような私たちの研究テーマは,救急・集中治療の臨床経験の中で,探索されてきました。「敗血症の基礎研究」をはじめとして,現在は全身性炎症の病態生理学的研究を深め,次にに創薬基盤研究へと進展させます。当教室は,「全身性炎症治療の鍵」を「創薬」として,当教室より提案しようとしています。
 当教室は,「救急医学」における緊急性を形成する病態の統合的概念統一のために,基盤研究を重視しています。急性期病態学の知見を深めることで,これからの医療に新たな洞察をもたらそうとしています。ここに新たな「創薬」や「操薬」の基盤を確立し,救急・集中治療医学としてのトランスレーショナル研究として臨床研究に持ち込むこむことを目標としています。
 急性期管理医療における「創薬」に,研究歴のあるスタッフが連動することにより,新たな「融合」と「創造」が生まれると考えています。その中で,次世代の研究を牽引する大学院生や研究生に,独自の能力を高めて頂くことを方針としています。研究者を育成するには,少なくとも3年間を必要とし,研究者が道を開くためには,継続した研究心が必要となります。研究スタッフを,随時,募集しています。

****************************************
研究手法 Research Methods
***************************************************
全身性炎症の解明に関する,オリジナルの動物研究モデルを,これまでに開発しています。
1. 生体研究オリジナルモデル:ウサギ敗血症モデル,ウサギ急性膵炎モデル,ウサギ脾損傷鍵穴式モデル,マウス脾損傷鍵穴式モデル,マウス盲腸結紮穿孔鍵穴式モデル,マウス急性膵炎モデル。
2. 生体動態モニタリング:小動物における基本バイタルモニタリング(体温,呼吸数,血圧,心拍数,SpO2,ETCO2,血液生化学検査)。
3. 培養細胞2012:ヒト血管内皮前駆細胞,ヒト肺胞2型上皮細胞,ヒト気管支上皮細胞,ヒト肺動脈血管内皮細胞,ヒト肺静脈血管内皮細胞,マウス骨髄多能性分化細胞。
4. 生化学的手法:免疫沈降法,ウエスタンブロット解析,ノーザンブロット解析,サザンブロット解析,PCR,RT−PCR,ゲルシフト解析,フローサイトメトリー解析,抗体ビーズ沈降。
5. 組織化学的解析:免疫組織染色,電子顕微鏡解析。
6. 遺伝子導入:リポゾーム法,HVJベクター法,アデノベクター法,siRNA,デコイ核酸,アンチセンス核酸。

*******************************************************************************
2017年 研究内容 Basic Study of Systemic Inflammation
*******************************************************************************
1. 心筋細胞の陽性変力作用に対する病態修飾の研究
2. 好中球の機能維持に関する研究
3. 線維芽細胞の増殖抑制とリセットに関する研究
4. 全身性炎症反応症候群における血管内皮細胞傷害性DICの病態と治療
5. 全身性炎症反応症候群における急性肺傷害の病態と治療
6. 全身性炎症反応症候群における急性心不全の病態と治療
7. 全身性炎症反応症候群における血流分布異常性ショックの病態と治療
8. 全身性炎症反応症候群における急性腎傷害の病態と治療
9. 臨床病態における増殖性サイトカインの定量的測定

1. Investigation of cardiac positive inotropic effects in inflammatory state
2. Function of neutrophils in systemic inflammatory response
3. Proliferation and regeneration of fibroblast in systemic inflammatory response
4. Pathophysiology and management of vascular endothelial cell injury in systemic inflammatory state
5. Pathophysiology and treatment of acute lung injury in systemic inflammatory response state
6. Pathophysiology and treatment of acute heart failure in systemic inflammatory response state
7. Pathophysiology and treatment of blood flow distribution abnormal shock in systemic inflammatory response state
8. Pathophysiology and treatment of acute renal injury in systemic inflammatory response state
9. Quantitative evaluation of proliferative cytokines in the clinical condition

**************************************************************************************
2017年 研究計画 Clinical Study in Emergency & Critical Care
**************************************************************************************
1. 集中治療領域におけるメラトニンの効果に関する研究 承認番号(継続)2015-0005
 MELIT(Melatonin Evaluation of Lowered Inflammation in ICU Trial)
集中治療におけるメラトニン受容体アゴニスト「ラメルテオン」の有効性の検討

2. 救急・集中治療における多臓器不全進行の評価のための分子マーカーの探索研究
新規研究申請

****************************************
研究日程 Research Methods
***************************************************

リサーチカンファレンス
定期開催:木曜日 10:30-12:00

研究ノートおよび研究指導
月〜金 毎日16:00-16:30

**************************************************
2017年 松田研究班 構成メンバー
**************************************************
研究主幹     松田直之   名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野
研究助教     沼口 敦   名古屋大学大学院医学系研究科 小児科学分野
研究助教     錦見満暁   名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野
研究助教     山本尚範   名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野:内部データ監視
研究助教     東 倫子   名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野
研究助教     海野 仁   名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野
研究助教     真喜志剛   名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野
研究助手     加賀博子   名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野

Research Group Chief
Professor & Chairman
Naoyuki Matsuda M.D., Ph.D.
E-mail: nmatsuda@med.nagoya-u.ac.jp

****************************************************************
2017年 大学院生の研究  Graduate Students
****************************************************************
徐 斯佳 先生
名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野 研究室
研究テーマ:多臓器不全症候群における血管内皮細胞障害の探索研究
指導教官:松田直之

髙谷悠大 先生
名古屋大学 環境科学研究所(澤田教授)へ出向
研究テーマ:全身性炎症におけるアストロサイトの分子薬理学的研究
指導教官:松田直之



*****************************************************
研究参加の要件 Research conditions
*****************************************************
■ 研究歴のある方の新規参入:共同研究及び研究支援を歓迎します。
■ 研究生:随時,歓迎しています。

(研究責任者:教授 松田直之)

DSC03041.JPG

全身性炎症反応におけるAlert細胞の細胞死に関する病態生理学的解明

全身性炎症反応症候群おけるAlert細胞の細胞死に関する病態生理学的機序についての研究が完成に近づいている。この研究は,炎症性分子や増殖性因子の産生をアミノ酸供給の根底から制御する方法論として展開している。この概念は,広く生体侵襲における生体反応の基盤を説明するものとなり,今後の救急・集中治療領域の新規創薬につながるものであろう。

129919135955qz5.jpg

全身性炎症における好中球およびリンパ球の活性変化に関する研究

現在,研究内容を未公開としております。申しわけありません。

124919135952qz3.jpg

急性肺傷害・急性腎傷害および播種性血管内凝固症候群に及ぼす血管内皮細胞脱落の病態生理

全身性炎症反応症候群の時系列で合併する遊離型血管内皮細胞のプロファイリングとmiRNA関連を精査している。2012年は,本基礎研究を,敗血症患者の臨床研究に導入する。これまでの研究により,主要臓器における血管内皮細胞を含めた炎症性Alert細胞の炎症性細胞内情報伝達の機序がかなり明確となってきており,細胞内情報伝達の学会や論文等での公表を期待していただきたい。

DSC03506.JPG

敗血症治療における造血幹細胞・多能性幹細胞の分化・組織修復に関する研究

敗血症病態の血管内皮細胞の脱落や肺胞基底膜上のⅡ型肺胞上皮細胞の脱落に対して,組織修復を試みる遺伝子治療と多能性分化細胞を用いた研究を開始している。