• 2014年1月 救急・集中治療医学への先進

  救急・集中治療医学分野 医局ニュース


ALBIOS 敗血症性ショックにおけるアルブミン併用パトロール話し合いの中での提案

************************************************************************************
迎春 救急医学/集中治療医学 愛智跳躍の革命 
************************************************************************************
2014年 1月のメッセー

謹賀新年

私が名古屋大学に教授として着任して以来
4年間が過ぎました。

そして 今でも 救急医療の専門医を育成する必要を
さまざまに 先駆けて感知し 深く知り 伝え続けています。

まず 皆が今ある名古屋を好きになることからはじめ
次に 民を敬愛し 共に教育しあい 
その上で 救急医療 そして 集中治療の
牽引者となるために必要なことを学んで頂く1年とします。

我々は できるを超えて,教える域に達し,世界を牽引しましょう。

臨床を教える場を作ることができれば,
12年後には診療の危機を救えます。
研究は 必然から生まれてくるものです。

自らを超えて,輝く毎年として,場と環境を共に育てましょう。

2014年1月1日 松田直之

******************************************
2014年1月のイベント
******************************************

1. 2014/1/11(土)スーパーNS養成講座LinkIcon 呼吸と循環 教授 松田直之
主催:学研メディカル秀潤社 AM9:00-PM4:30 ベルサール九段下 

2. 2014/1/17(金)&1/18(土)第18回エンドトキシン血症救命治療研究会 LinkIcon

主題(I)1症例から学ぶ~治療に難渋した症例~
急性胆管炎による敗血症性ショックの心肺蘇生の1例~2012年の胆道系感染症の解析~
名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野 高谷 悠大 先生,他

シンポジウム
ガイドラインを超えて~Beyond the theory~
14:30ー16:30
司会
東北大学病院 教授 久志本成樹 先生
兵庫医科大学病院  教授 小谷 穣治 先生
シンポジウム演者
1 救命救急センターICUにおける人工呼吸器関連肺炎に関する疫学研究 ・
日本医科大学千葉北総病院救命救急センター 齋藤 伸行 先生
2 長時間連続PMX-DHP療法はAKI合併敗血症性ショック症例において有効である
地方独立行政法人りんくう総合医療センター 総合内科  倭 正也 先生
3 重症敗血症患者救命症例の治療内容とガイドラインとの比較検討
岩手医科大学医学部救急医学講座  鈴木 泰 先生
4 PMX-DHPの既成概念と可能性
佐賀大学医学部附属病院救命救急センター 阪本雄一郎 先生
5 Acute Care Surgeryに必要な敗血症治療戦略
公立豊岡病院但馬救命救急センター 小林 誠人 先生
6 敗血症性ショックにおけるSIRS管理バンドルM11S4
~早期治療と早期退院のためのステップアップバンドル~
名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野  教授 松田 直之

3. 名古屋大学医学部大講堂講義 教授 松田直之
1月24日(金)第2講・第3講 全身管理学 呼吸・全身性炎症
1月28日(火)第4講 急性期管理医学の創薬基盤(第1講目)
1月29日(水)第1-4講 急性期管理医学の創薬基盤(第2-4講目)

4. 第29回体液・代謝管理研究会年次学術集会LinkIcon
1月25日 ウインクあいち



0806_202.jpg

救急外来 初期診療ワンポイントレクチャーコース
研修医 初期診療 鑑別診断 能力強化 アセスメント
ICUモーニングカンファレンス前の30分間 


AM7:55 準備スタート
留意事項
※ 研修医の皆さん:AM7:55には診療を修了できるようにし,さらに席を用意しておいて下さい。また,カルテは工夫して記載しましょう。特にアセスメントを充実できるように,STEP救急医学では,指導します。
※ 救急外来診療を教えることのできる医師を育成します。
※ 研修医の先生へ:AM8:00には,救急外来に椅子をそろえておいてください。
※ AM8:00には申し送り開始とします。AM8:30-9:30 EM-ICU診療ラウンドとなります。
※ 救急外来 日勤担当者の救急専従医:AM8:00〜約30分間,研修医の先生の指導を行ってください。この際,未承認カルテに対して,内容を確認して,承認して下さい。


AM8:05〜AM8:27〜AM8:35 ワンポイントレクチャーコース
研修医の先生へ:AM8:00 治療室1に椅子を整列させておいてください

1月 6日 (月) 教授,水島秀幸,東 倫子
1月 7日 (火) 教授,日下琢雅
1月 8日 (水) 教授,松島 暁
1月 9日 (木) 教授,波多野俊之,ALL スタッフ一斉集合
1月 10日 (金) 教授,水島秀幸
1月 11日 (土) 東 倫子 
1月 12日 (日) 髙谷悠大 
1月 13日 (月 東 倫子

1月 14日 (火) 教授,新井哲也
1月 15日 (水) 教授,新井哲也
1月 16日 (木) 教授,淺田 馨,ALL スタッフ一斉集合
1月 17日 (金) 教授,水島秀幸
1月 18日 (土) 日下琢雅 
1月 19日 (日) 大林正和 

1月 20日 (月) 教授,水島秀幸,東 倫子
1月 21日 (火) 教授,新井哲也
1月 22日 (水) 教授,新井哲也
1月 23日 (木) 教授,大林正和,ALL スタッフ一斉集合
1月 24日 (金) 教授,水島秀幸
1月 25日 (土) 日下琢雅
1月 26日 (日) 淺田 馨

1月 27日 (月)
教授,水島秀幸,髙谷悠大
1月 28日 (火) 教授,新井哲也
1月 29日 (水) 教授,新井哲也
1月 30日 (木)
教授,大林正和,ALL スタッフ一斉集合
1月 31日 (金) 水島秀幸 ※ 教授不在 全国国公立大学集中治療協議会(秋田)


ページトップへ
※ 研修医の皆さんへ FROM MATSUDA
■ 朝8:00に原則として,CPAOA以外は,治療室1を空けておいてください。
■ 平日の朝8:00に,治療室1にカンファレンス用の椅子を並べておいてください。
■ 診療カルテは,必ず,当直医師スタッフにチェックして頂いてください。
診療カルテには,アセスメント・鑑別診断・緊急性の時系列評価を充実したものとして記載してください。
■ 診療カルテ(上記)と診療スピードを,後期の診療採点対象とします。
■ 学びたいこと,教育への希望などは,遠慮なくお伝え下さい。




木曜日の日程 連絡指揮: 医局長 足立裕史
場所:名古屋大学医学部附属病院6F 救急集中治療カンファレンスルーム

AM8:00 全員出勤 原則として救急外来に集合
8:00- 研修医ER指導・教育
8:30-9:30 EMICUラウンド

1.学術集会報告
Society of Critical Care Medicine
43rd Critical Care Congress | January 9-13, 2014 | San Francisco, California, USA
2014年1月16日(木)11:00-12:00 演者:大林正和
2014年1月23日(木)11:00-12:00 演者:淺田 馨

2.週間症例検討会

12:00-12:30 医局会 行:足立裕史 1/23(木)

12:30-13:00 ランチョンカンファレンス 行:沼口 敦
13:30-15:30 全症例カンファレンス 
  ■1/ 9 司会:沼口 敦 サブ:各グループスタッフ
  ■1/16 司会:松島 暁 サブ:各グループスタッフ
  ■1/23 司会:松島 暁 サブ:各グループスタッフ
  ■1/30 司会沼口 敦 サブ:各グループスタッフ
※ 全症例カンファレンスは,主治医のプレゼンテーション能力の育成を主目的とし,,さらに木〜日までの週末3〜4日間の集中治療管理ビジョンを論じるものとします。全員の教育力養成の視点から,必ず1名1つは発言やコメントを行って下さい。よろしくお願いします。
15:45-16:45 後期 救急・集中治療レクチャーコース  司会:教授 松田直之

ページトップへ


後期 救急・集中治療レクチャーコース 予定 
SDEC Super Doctor Emergency Educational Course
皆さん,御確認ください 教授 松田直之

木曜日 PM3:30-4:50
座長 教授 松田直之 
プレゼンテータ ハンドアウトを必ず用意してください

第 9講  1月 9日(木) 救急・集中治療心エコー活用バンドル 稲葉正人 先生
第10講  1月16日(木) 救急・集中治療 先天性心疾患の集中治療 角 三和子先生
第11講  1月23日(木) ブドウ球菌を極める 細菌学 太田美智男 名誉教授
第12講  2月 5日(木) 2013年 ARDSの管理の現状と未来 日下琢雅 先生
第13講  2月20日(木) 循環のダイナミックモニタリング 淺田 馨 先生
第14講  3月 6日(木) AKI KDIGOガイドラインの確認と応用 海野 仁 先生
第15講  3月13日(木) 2013年感染管理・細菌学評価 高谷悠大 先生
第16講  3月20日(木) 2013年栄養管理のエビデンス 東 倫子 先生
第17講  3月27日(木) 救急・集中治療管理バンドル2014 〜M13 S7 臨床研究〜 急性期管理バンドルと診療アセスメント 教授 松田直之

***************************************************************************************************************



1. 第18回エンドトキシン血症救命治療研究会
2014年1月17日(金)・18日(土) 東京 日本橋




2. 第29回体液・代謝管理研究会年次学術集会


※ クリックで研究会HPとリンクします
医学生さんを含めて,遠慮なくご参加下さい。

12:10-13:00 ランチョンセミナー「血管透過性亢進の病態と創薬」
演者 名古屋大学大学院医学系研究科 松田 直之
司会 近畿大学医学部付属病院 増田 詩織 先生

14:55-16:45 シンポジウム「侵襲制御を科学する」
座長 名古屋大学大学院医学系研究科 松田 直之
演者 防衛医科大学校     小野 聡 先生
   東京女子医科大学    小谷 透 先生
   東京大学医学部附属病院 土井 研人 先生
   兵庫医科大学      小谷 穣治 先生

***************************************************************************************************************