*****************************************************************
2015. September World Sepsis Day Campaigns in JAPAN
*****************************************************************
11959996_10207846514267683_5905675480807419824_n.jpg

World Sepsis Dayキャンペーン
Four Step Approach against Sepsis in JAPAN

1st StepSt. Luke's International Hospitaln in Tokyo
2015年9月 6日 日本集中治療医学会敗血症セミナー 聖路加国際病院
Sepsis Seminars at St. Luke's International Hospital by the Japan Society of Intensive Care Medicine
Sep 6, 2015

開会の辞 13:00-13:05
織田成人先生(日本集中治療医学会 理事)
木村昭夫先生(日本救急医学会 理事)

第1部 13:05-13:55 (50分)
基調講演 未知の感染症に対する備え(仮題)
座長
垣花 泰之先生(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科生体機能制御学講座救急・集中治療医学分野)
演者
忽那 賢志先生(国立国際医療研究センター病院・国際感染症センター)

第2部 敗血症の予防について 14:10-15:10 (講演25分+質疑応答5分)
座長
中川 聡先生(国立成育医療研究センター)
演者
1.感染症対策における予防接種施策(仮題)
山岸 義晃先生(厚生労働省 予防接種室)
2.予防・入院
松田 直之先生(日本集中治療医学会 理事

第3部 敗血症の早期認識について 15:25-16:55 (講演25分+質疑応答5分)
座長
川崎 達也先生(静岡県立こども病院 小児集中治療科)
明神 哲也看護師(東京医科大学病院 看護部)
演者
1.早期認識・外来(成人) 
松嶋 麻子先生(大阪府立急性期・総合医療センター 救急診療科)
2.早期認識・病棟(成人)
藤野 智子看護師(聖マリアンナ医科大学病院看護部)
3.早期認識・小児     
福島 亮介先生(藤沢市民病院・小児救急科)

閉会の辞 16:55-17:00
中川 聡先生(日本集中治療医学会Global Sepsis Alliance委員長)

2nd Step:CBC Radio Campaign
2015年9月7日〜9月11日 CBCラジオキャンペーン Prof. Naoyuki Matsuda MD, PhD
Sepsis campaign at CBC radio in Tokai Area JAPAN Sep 7-11, 2015

3rd Step:Nagoya SEPSIS FORUM
2015年9月11日 名古屋SEPSIS FORUM World Sepsis Day善前夜祭 ルーセントタワー
the 9th Nagoya SEPSIS FORUM for World Sepsis Day Campaign at Lucent Tower in NAGOYA Sep 11, 2015
Prof. Naoyuki Matsuda MD, PhD Special Lecture:World Sepsis Day 2015 'Management Power against Sepsis'
20150911【案内状】 第9回 名古屋セプシスフォーラム.pdf

4th Step:Public Yurakucho Station in Tokyo
NAGOYA University Candlelight Monument Sep 13, 2015


Sepsis campaign 2015.jpg

2015年9月13日 the World Sepsis Day JAPAN 2015 有楽町駅
the World Sepsis Day JAPAN 2015 in Tokyo Yurakucho Station Sep 13, 2015

*****************************************************************************
2015. April Clean Hands Campaign in NAGOYA ER & emergency ICU
*****************************************************************************
名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野は,名古屋大学医学部附属病院および関連病院の指導体制として,クリーンハンドキャンペーンを展開しています。2014年より新たに,接触感染予防に対しての「Blue Revolution」を展開しています。

ICU Blue Revolution敗血症管理医師ブランチ2015
 集中治療室の感染症管理として,アルコール手指消毒剤を持参としていない医師に対して,以下を徹底する。1.ブルーラインで患者さんに一礼する。2.処置台のアルコール消毒剤を用いて,手指消毒を手洗いに準じて行う。3.処置後に明白な汚染がある場合にはベッドサイドで手洗いを行う。4.処置台のアルコール消毒剤を用いて,手指消毒を手洗いに準じて行う。5.ブルーラインで患者さんに一礼する。ICU担当医は以上を観察し,必要であれば医師に未然に注意を施し,アセスメントし,管理中のアルコール製剤の使用量を含めて観察内容をカルテに記載する。以上を,教授 松田直之は,集中治療管理の基本として,2015年4月1日に管理ブランチとして定め,2015年4月のクリーンハンドキャンペーンとして,医師等に対してのベッドサイドレクチャーとした。

Department of Emergency & Critical Care Medicine in Nagoya University Graduate School of Medicine developed a clean hand campaign for the prevention of hand contact infection from 2012. We declared the "Blue Revolution NAGOYA" against contact infection prevention in 2015. 'Blue Revolution NAGOYA' is described below:

1. Drs will bow to the patients in the Blue Line.
2. Using alcohol at a treatment table of disinfectants.
3. Drs do hand washing at the bedside if there is obvious contamination after treatment.
4. Using alcohol again at a treatment table of disinfectants according to hand hygiene methods in hand washing.
5. We will bow to the patients in the Blue Line.

ICU physician observes the above, subjecting attention to forestall a physician if necessary, assessment describes the day observation to medical records, including the amount of the alcohol formulation in management. Prof. Naoyuki Matsuda established the infection prevention system as a management branch to April 1, 2015 and provided a clean hand campaign in April 2015 as the bedside lectures to doctors. We will support the WSD in association with Global sepsis Alliance GSA.

Blue Revolution Nagoya.001.jpgClean Hand Campaign NAGOYA.001.jpg



*****************************************************************
2015.2.10 Clean Hands Campaign in 42nd JSICM Meeting
*****************************************************************

The 42nd annual meeting of the Japanese Society of Intensive Care Medicine (JSICM) was held from February 8 to 11, 2015 at Odaiba in Tokyo. We held a clean hand campaign in this annual meeting as JAPAN GSA committee. Hand hygiene is quite important for our management of critical care patients. This will be toward the 2015 world sepsis day (WSD) campaign. JSICM began to make preparation to the WSD 2015.
日本集中治療医学会で,クリーンハンドキャンペーンが開催されました。重症な患者さんを診療するときであればあるほど,私たち治療者の手指消毒が大切です。MEIDAI救急・集中治療も,2015年World Sepsis Dayに向けて,準備を始めました。

*****************************************************************
2014.9.13 Nagoya University World Sepsis DAY 3rd Year
*****************************************************************

名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野は,2014年もGlobal Sepsis Allianceと連動して,世界敗血症DAYキャンペーンを企画しました。当講座は,敗血症診療の治療成績を高める工夫をしており,国内外に向けて治療成績を広く公表しています。敗血症の病態生理学は極めて明瞭となっており,適切な早期診断と早期治療が重要です。世界敗血症DAY9/13は,毎年,一般の皆さん,そして医療従事者の皆さんに,敗血症管理の現在を紹介するためのキャンペーンの1日です。

2014/9/8(月)-9/12(金) CBCラジオ きくラジオ World Sepsis Day
教授 松田直之
2014/9/12(金)第7回名古屋セプシスフォーラム World Sepsis Day 前夜祭
ウインクあいち 18:30-21:30 3時間ロウソク
教授 松田直之「World Sepsis Day 「敗血症診療の現在と未来」

WSD_2014_Eventposter_V2.pdf10660298_700931309989570_534589764717947859_n.jpg10606069_699878473428187_6167025283975271516_n.jpg

******************************************************************
2013.9.13 Nagoya University World Sepsis DAY 2nd Year
******************************************************************

名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野は,Global Sepsis Allianceと日本集中治療医学会と連動して,世界敗血症宣言に則り,2013年9月13日にWorld Sepsis Dayを開催しました。全身性炎症管理バンドルを策定し,現在,重症敗血症や敗血症性ショックの治療成績を高めるための工夫をしています。国内外と広く連動し,多発外傷,重症内科系病態を含めて,緊急性医学を学術化し,急性期再生医療を導入する方針としています。急性期医学の将来を形成するために,皆さんの入局を歓迎しています。

WSD_2013_eventposter_DRAFT5.pdf
*****************************************************************
2012.9.13 Nagoya University World Sepsis DAY 1st Year
*****************************************************************

名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野は,2012年よりGlobal Sepsis Allianceと連動して,世界敗血症デーキャンペーンに参加しています。現在,世界では敗血症性ショックや重症敗血症の院内死亡率が約20%レベルで推移しています。より治療成績を高める工夫を当教室はしており,国内外で広く公表しています。名古屋大学病院救急・集中治療部では,敗血症診療の指針を討論する検討会が4時間キャンドルキャンペーンとともに行われました。

*********************************************
The World Sepsis Declaration
(世界敗血症宣言)
Global Sepsis Alliance 宣言
*********************************************


 敗血症は,先進国,発展途上国を問わず,世界の医療施設で最もよく認められる。しかし,敗血症は,最も認知度が低く,診断されていない疾患の1つである。世界的には,新生児および幼年期の敗血症600万例以上と母体の敗血症10万例以上を含む,2000万~3000万の患者がこの疾患に悩まされていると推察されている。世界中で,2-3秒に1人,敗血症で命を落としているのである。

 先進国では敗血症罹患率は年に8-13%の割合で劇的に増加しており,腹部・胸部の癌以上に多くの命を奪っている。理由は様々であるが,高齢者を含む全年齢層へのハイリスクな薬剤の使用,抗菌薬への耐性化の進行,毒素の多様化などが挙げられる。発展途上国においては,栄養失調,ワクチン,さらに適切なタイミングでの治療を受けられないことが,全て敗血症の死亡に直結している。

 敗血症は,注目すべき発生率にもかかわらず,一般市民にはほとんど知られておらず,しばしば血液の中毒と誤解されている。感染の原因となる菌体成分などに対する生体反応が,自己の組織や器官に傷害を与えることにより,敗血症が生じる。敗血症は,特に早期に発見され,適切に治療されない場合,ショック,多臓器不全,そして死に至る。ワクチン開発,抗菌薬開発,救命救急医療,集中治療などの先進医療に進化が認められるにもかかわらず,敗血症は感染症を原因とする死亡の主因となっており,その院内死亡率は30-60%なのである。

 敗血症による体の悪化の潮流をくい止め,最終的に敗血症による死亡数の増加を減少に転じるための適切な措置を導くため,我々 ―世界的敗血症連盟― は世界的行動を広く呼びかける世界敗血症宣言を行うこととした。

 我々は必要な事前調査を既に終え,以下に示す「5つの鍵となる目標」を掲げ,政府,研究者,プロフェッショナルな医療組織や健康管理団体,さらに慈善家や後援者,音楽関係者,民間部門,最終的に社会全般から,敗血症撲滅のための資源と支持を得られるよう,すべての関連した診療関係者に働きかける。

 2020 年までの近未来的目標を周知し,全世界で達成できる,段階的な発展計画を公に行うよう,我々は各国に呼びかけ,ここに,Global Sepsis Allianceを結成する。

***************************************
世界的目標(Global Goals)
***************************************
1.敗血症の政策課題化
 敗血症の医学および経済に関する負担の認知を広げることにより,敗血症に対応する政治的な優先度を高める。

2.敗血症の与える影響の世界レベルで予防と戦略化
 敗血症診療の戦略化において,最も必要とされる人々をターゲットとし,敗血症診療関係者を敗血症認知のために動員する。

3.敗血症の早期発見と早期治療が適切に行われるように改善し,世界中ですべての人々に適切な予防と治療を可能にするために,国際的に敗血症ガイドラインの遂行を支持する。

4.地域および国レベルで敗血症の発症率を減少させ,敗血症の予後を改善させるための戦略を計画する。敗血症の生存者と敗血症遺族に連携を呼びかける。

5.敗血症管理の急性期でも長期ケアであっても,患者が利用可能であるリハビリテーション施設とよく訓練されたスタッフを確保する。

2013 World Sepsis Day in Tokyo
9/13/2013 WORLD SEPSIS DAY in Nagoya University and Tokyo, JAPAN
Global Sepsis Alliance in JAPAN

ページトップへ
Copyright 2011.1.1. NAGOYA Emergency & Critical Care Medicine. All Rights Reserved.

2015 Clean Hands Campaign.tiff

GSA委員会2 ポスター クリーンハンドキャンペーン2014.001.jpg

2015 クリーンハンドキャンペーン.tiff

GSA委員会 ポスター クリーンハンドキャンペーン2014.001.jpg






センター連携教育体制