【1】救急外来の目標および概要 

 名古屋大学医学部附属病院救急外来(ER: emergency room)は,救急科が看護部と連携して診療を指導し,さらにさまざまな院内の専門診療科および救急・内科系集中治療部(EMICU)と連動したシステムとして,世界最先端の最高の救急医療・急性期管理医療を提供することを目標とします。国立大学医学部附属病院,超急性期病院,高度先進医療施設,災害拠点病院などとして,地域と社会に貢献する最先端の急性期医療を提供する場として,24時間診療検査体制の救急外来を機能させます。救急外来では,このER診療の手引きに加えて,「救急外来診療マニュアル」が存在します。救急外来の運営は,救急外来診療マニュアルと本診療の手引きに準拠したものとして,救急外来診療を充実させることを目標とします。現在も,現在もMEIDAI ERは発展過程にあり,超急性期医療の学術と診療を地域と世界に向けて発展させるために,絶えず高い医の志と改革の精神を持って日々精進することを原則とします。

目 標

1.地域と社会への貢献 
 地域の緊急性のある患者さんを断ることなく,原則として受け入れます。特に受診歴のある患者さんは,他院への搬送後の対応の問題などが指摘されており,原則としてすべてを受け入れます。搬送依頼断り後の死亡事故等の問題発症を含めての院内申し合わせにより,受診歴のある患者さんの受け入れを拒否しない方針としています。

2.トリアージシステム 
 徒歩での外来受診の患者さんには,ERの玄関の壁に掲示してあるように,緊急性の高い患者さんを優先して診察します。この外来トリアージは,MTASS(MEIDAI Triage Acuity Scale System)ボードとトリアージ用iPadを使用し,看護師が中心となって施行します。ウオークインの患者さんには,原則としてトリアージを施行し,緊急性の高い患者さんから診療します。救急科は,この適正を評価し,指導します。

3.救急医療の教育
 名古屋大学医学部附属病院ERは,地域医療への貢献に加えて,医学生,研修医,看護学生さらに専門診療科医師に対する救急医療の教育と研修の場として機能しています。救急医療教育のために,1次~3次救急患者のすべてを受け入れ,救急医療を学ぶために支障がない環境とします。

4.礼儀と作法 
 丁寧で真摯な医療を心がけ,患者さんへの雑な対応を避けます。救急外来において,身だしなみを整え,さらに前向きでやる気のある,一生懸命な医療環境を維持するように努力して下さい。

5.最先端医療の自負と医の質・安全の向上 
 国公立大学医学部附属病院,超急性期医療,高度先端医療,災害拠点病院として,救急医療および急性期管理医療の最先端に熟練し,診療を牽引できるように,絶えず救急診療の最先端に追従することに努力して下さい。その上で,救急医療の質と安全を向上させるように,皆で研鑽します。

概 要

□ EMICUが空いている場合(EMICUーON)では,救急科医の指導の下で重症患者を積極的に受け入れます。忙しさを理由として,救急搬入を安易に断ってはいけません。
□ 救急搬送依頼に際しては,依頼時における各科問い合わせは禁止です。研修医がホットラインをとることも禁止です。初診患者の受け入れにおいては,救急科医に受け入れの決定権があります。
1)交通外傷・外傷全般:救急科スタッフおよびEMICUスタッフの判断により受け入れます。
2)単独の骨折疑い:受診歴のある場合は整形外科,受診歴のない場合や緊急時は救急科で対応。
3)脳卒中疑い:救急科,明確な脳出血あるいは脳梗塞の可能性 → その日の脳卒中対応診療科
4)熱傷:救急科スタッフ,EMICU当直スタッフの判断により,まず救急科で対応します。
5)老年内科領域:老年(当院では80歳以上)の受け入れは,原則として断りません。老年内科での入院対応ができない場合(老年科OFF)には,必要があれば老年内科と連動して救急科での1泊の入院対応とし,翌日に名古屋逓信病院の診療連携病院などに転院紹介とします。
6)急性薬物中毒:身体緊急を救急科で診療し,精神的評価に関しては精神科受診を依頼します。
7)透析患者:透析室OFFの場合は,受け入れ可能かどうかを腎臓内科と予め討議し,かかりつけ患者さんであろうとも搬入を断る可能性があります。また,透析患者さんの他院からの転院依頼は,救急外来業務ではなく,透析依頼であれば腎臓内科,その他の管理であれば相手先の医師の依頼する専門診療科と,救急外来を介さずに直接の転院相談の電話対応として頂きます。一方,透析情報が不十分であり,ウオークインや救急搬入された患者さんについては,通常通りの診療を行い,対応を検討します。

ER規約のエッセンス

□ 救急外来は,救急科を中心とする全診療科共同の病院体制として運営されます。
□ 救急外来の運営には,診療各科の協力が必要であり,この運用や体制整備を月1回開催の「救急外来及びEMICU運営協議会」で協議します。
□ 救急外来担当医にコンサルトされた各専門診療科の担当医は,ERで診療します。
□ 救急領域の緊急性のある状態は,救急科が対応します。
□ 緊急性の高い患者および重症度の高い患者においては,直ちに救急科医や内科直,外科直が診療に介入し,研修医のみに診療をまかせてはいけません。
□ 土日祝日内科直・外科直補助制度:土日祝日の日勤帯と夜間帯には内科直・外科直がERに配置され,その診療を救急直とEMICUスタッフが補助します。内科直・外科直はともに,原則としてナースカウンター或いはER内診療スペースでER診療に従事します。救急外来から離れることは,禁句規約と救急外来診療の安全管理から禁止です。
□ ウオークイン患者と研修医:ウオークインの初期診療は,研修医が担当します。
□ ウオークイン患者と内科直・外科直:土日祝日などの救急外来が煩雑な状態では,研修医を介さずに直接の患者さんの診療を,内科直,外科直にお願いします。さらに,研修医の診察とカルテ記載についても,指導して頂きます。
□ 救急車と救急科直:ERは救急科専門医により緊急性が当日のみならず事後にチェックされます。緊急性の高い状態(呼吸促迫,循環促迫,意識レベル低下),重症病態,さらに救急車搬入については,救急科直の対応となります。
□ 入院経過観察が望ましい場合:積極的に入院を考え,各専門診療科にコンサルトしてください。専門診療科を決定できない場合や,救急科独自の緊急性の高い病態は救急科入院とします。各専門診療科では対応できない複数の病態が問題となるケースでは,救急科として救急科病床(10WあるいはEMICU)での入院経過観察を考慮します。救急科にご連絡下さい。
□ 土日祝日内科直・外科直補助制度:土日祝日の日勤帯と夜間帯には内科直・外科直がおり,その診療を救急直とEMICUスタッフが補助します。内科直・外科直はともに,原則としてナースカウンター或いはER内診療スペースでER診療に従事し,救急外来診療の安全管理から救急外来から離れることは禁止です。
□ 研修医の研修指導・カルテ承認義務:夜間・土日・祝日は研修医が勤務おり,内科直・外科直は彼らへの診療とカルテ記載の指導を行い,必ず「カルテ承認」をして下さい。救急科直はさらに,研修医の「カルテ承認」を書く勤務体内で確認して下さい。
□ 研修医のカルテ指導:研修医の皆さんのアセスメントとプランを指導し,不足する理学所見については厳格に指導し,追加記載としてください。
□ 研修医単独の画像評価の禁止:研修医に画像評価を単独で行わせてはいけません。必ず,取られたX線像,CT像,MRIについて,一緒に読影し,最終評価として下さい。
□ 研修医の患者帰宅の判断:研修医が単独で患者帰宅の判断をすることは,禁止とし,ERで認めません。研修医は,必ず指導医にカルテ記載と診察状況を評価してもらい,指導医の許可のもとで,患者を帰宅とします。
□ 救急車の受け入れ判断:研修医や看護師は,救急車受け入れの判断をしてはいけません。救急車の受け入れは,①救急科直,②内科直,③外科直の順番での判断とし,救急車搬送の対応を10秒以内に速やかに判断し,伝えます。
□ 救急搬入におけるメディカルコントロール(MC):救急搬入において,救命救急士に対して搬送過程の教育フィードバックを行います。このMCを,主に救急直が行い,指導医がサインします。






センター連携教育体制