抗けいれん薬

■ ホスフェニトイン
※ EMICU掲示板下に下記概要で体重換算の資料をおいているので,確認するようにしてください。

a. けいれん重積
初回投与:ホストイン22.5 mg/kgを生食で5倍以上に希釈し,速度は3 mg/kg/分又は150 mg/分のいずれか低い方を超えないようにする。
維持投与:ホストイン7.5 mg/kg/dayを生食で5倍以上に希釈し,速度は1 mg/kg/分又は75 mg/分のいずれか低い方を超えないようにする。

b. 脳外科術後/頭部外傷後
初回投与:ホストイン18 mg/kgを生食で5倍以上に希釈,速度は1 mg/kg/分又は75 mg/分のいずれか低い方を超えないようにする。
維持投与:ホストイン7.5 mg/kg/dayを生食で5倍以上に希釈し,速度は1 mg/kg/分又は75 mg/分のいずれか低い方を超えないようにする。

■ その他の抗けいれん薬

※ 使用時には,必ず薬剤情報をEMICU常勤薬剤師とともに確認し,EMICUベッドサイドの管理ファイルに「抗けいれん薬情報」を置く。

※ 参考資料 :抗けいれん薬の有効血中濃度(μg/mL)
 フェニトイン(アレビアチン®) 10-20
 バルプロ酸(デパケン®) 40-125
 カルマバゼピン(テグレトール®) 4-12
 フェノバルビタール(フェノバール®)10-35
 ゾニサミド(エクセグラン®) 10-30
 クロナゼパム(リボトリール®)0.02-0.07

指針設定
名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野 
2015年4月1日〜 東 倫子・田村有人(外来医長)・松田直之(EMICU部長)
2016年4月1日〜 東 倫子・海野 仁(病棟医長)・松田直之EMICU部長




























センター連携教育体制