【EMICU 入室規約】

1.入室の対象
救急外来搬入患者,また院内では内科系患者と小児科患者を対象として,急性期の專門診療を救急科の指導の下でEMICU専従医師が行います。院内急変については,救急科EMICU医師が診療科担当医師と協議して,入室を決定すします。

2.入室の対象となる搬入経路
1)救急搬入(内因性疾患,外傷,熱傷,中毒など)
2)内科系超急性期
3)小児科系超急性期
4)院内急変
注)外科系集中治療室(SICU:surgical ICU)が満床である場合は,救急・内科系急変患者だけでなく,外科系予定手術や院内急変の急性期診療を検討する。

3.入室の対象となる病態や治療
1)意識障害または昏睡
2)急性呼吸不全または慢性呼吸不全の急性増悪
3)急性心不全(心筋梗塞を含む)
4)急性薬物中毒
5)ショック
6)重症な代謝障害(肝不全、腎不全、糖尿病ケトアシドーシス、環境異常症など)
7)多発外傷
8)蘇生後脳症
9)重症感染症による臓器不全状態

4.EMICUの管理の特徴
以下のモニタリングのうち,3内容以上を必要とする重症度を必要とする。
以下のうちの3内容のを必要としない場合,EMICUの退出条件となる。

1. 持続心電図モニター
2. 輸液ポンプの使用
3. 動脈圧測定(観血的動脈圧ライン)
4. シリンジポンプの使用
5. 中心静脈圧測定(中心静脈ライン)
6. 人工呼吸器の装着
7. 輸血や血液製剤の使用
8. 肺動脈圧測定(肺動脈カテーテル)
9. 臓器補助の治療(持続血液浄化CHFあるいはCHDF,IABP,PCPS,補助人工心臓,頭蓋内圧ICP測定)

5. 入室適応とならないケース

1)上記4つの記載以外の疾患と病態
2)回復の可能性のないと評価した場合
3)患者や家族が集中治療を望まない場合
4)特殊病棟への入院が適切である場合
(結核、伝染病、慢性期の精神疾患など)

※ 以上は,2011年5月のEMICU開始時に定めた入室基準です。2016年度においても,必要に応じて「救急外来及びEMICU運営協議会」等で見直しと改良を予定しています。



【2016年度の診療体制】

集中治療の專門性を診療に反映することに加えて,急性期管理医学の次代を担う集中治療専門医および救急科専門医の育成に向けて,2016年度は以下の主目標と副目標を掲げています。

主目標:
急性期管理医学の次代を担う集中治療専門医および救急科専門医の育成

副目標
1. 治療指針の組み立ての明確化
2. 診療(診断・治療・説明)の効率化
3. 集中治療管理における診療能力の向上
4. 集中治療管理における教育能力の向上
5. 集中治療をシステムとして運用できる管理能力の育成

診療体制・教育体制のポイント
2016年は,従来の講義などの教育体制に加えて,非集中治療専門医の皆さんに向けていかに留意して対応します

1.朝夕のEMICUカンファレンスは,各勤務帯の申し送りではなく,專門診療科間における治療方針のディスカッションとします。
2.EMICUリーダー医師は,EMICU患者全員の診療の指揮を執ります。
3.EMICUリーダー医師は,ICU医師・学生に対して,指導的役割を担います。
4. 診療と教育の充実には,EMICUリーダー医師とEMICU担当医を中心としたベッドサイドラウンドを,EMICUカンファレンスとは別に行う。ここには,診療科長,病棟医長,担当医グループが参加する体制とします。

名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野
医局長   山本尚範
病棟医長   海野 仁
外来医長   眞喜志 剛
EMICU部長 松田直之






センター連携教育体制